2015年09月12日

今週のブレイクスキャルシステム(9/7-9/12)





【前置き】
私がFX-ON様で出品させて頂いているMT4専用の自動売買EA、「ブレイクスキャルシステム」ですが、スキャル系のEAのためフォワードテストの重要性が高いところと、建値ストップ機能の実用性検証などといった情報の配信目的で、私が運営している実口座での情報を公開していく試みを行っております。
#以下画像クリックでリンク先ページに飛べます。

-----
ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com
-----

使用環境や設定値等については、[こちら](クリックで記事に飛べます)を御覧ください。

ということで、今週分の更新です。今週の成績はこんな感じでした。

※From 2015/4/13※
通貨ペアLot数ロング+ショート口座
建値StopModeあり建値StopModeなし
今週トータル今週トータル
USD/JPY0.05−55円+3,507円−2,310円+8,835円
EUR/USD0.05+156円+12,648円+2,122円+20,178円
GBP/USD0.02−93円+1,812円−676円−32円
総計
(再掲)
0.12−93円+17,967円−864円+28,981円

今週は建値ストップなしのドル円とポンドドルが若干のブレーキ。ユーロドルは依然として絶好調が続いています。公式の推奨ペアもユーロドルにもう変えないといけないですかね。。。

ところで、私はOANDA JAPANのベーシック口座を用いているためロング口座とショート口座を分けて運用しているのですが、本システムに関して少し興味深いデータが見えてきました。
以下はそれぞれの口座のトータル成績なのですが、ロング口座とショート口座で成績にかなりの違いが出てきています。

<ロング口座>
BreakScal_Graph_150912_Long.jpg <ショート口座>
BreakScal_Graph_150912_Short.jpg

このような感じで、どちらもトータル成績はプラスではあるのですが、ショートのほうがかなり安定して高い成績を挙げられています。これは、ショートのほうが急落しやすいという性質が関連しているのでしょうか。
興味深いデータなので、継続してウォッチしていきたいと思います。

ということで、ブレイクスキャルシステムを引き続きよろしくお願いします。
-----
ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com
-----

以上です。



posted by しがないあらさー at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX-ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
↓ランキング参加してるみたいです↓
↓イイネ!って思っていただけたらFacebookのノリでポチッとご協力お願いしますw↓
ブログ王ランキング

この記事へのトラックバック
ゼニカル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。