2015年08月17日

MT4のキャッシュバック業者と無料EA提供業者について





今回は、MT4で自動売買する際に時折耳にする、キャッシュバック業者と無料EAをプレゼントしてくれる業者について記事にしてみたいと思います。

前者は、「Final Cash Back」などのいわゆるキャッシュバック業者で、後者は「ゲムトレード」や「チョイストレード」といった名前で聞いたことがある方も多いかと思います。

キャッシュバック業者は、当該サイトを経由して指定のFX業者に口座開設することで、取引回数に応じたキャッシュバックを行ってくれる仕組み。
無料EA配布業者は、指定のFX業者に口座開設することで、有料で販売しているEAを無料で使わせてもらえるサービスです。例えば、WhiteBearシリーズなど、FX-ONなどのEA販売サイトで買うと3万くらいするようなものも無料で配布したりしています。

これらの業者、一見全く違う仕組みに見えますが、実は仕組みとしては同じような形になっているのです。
簡単に図示してみました。

cashback比較.jpg

こういうことです。わかりやすいですね!(自画自賛)

これらのサイトは、広告を出して口座開設してもらうことでFX業者からリベートをもらい、その一部をユーザーにキックバックしているという事になるわけですね。
その形態が、実際にお金で払われるか、EAとして支払われるかという違いになるということです。
#いちおう、ビジネスモデルについてメールで問い合わせてみましたが、このような回答をもらいました。
 なのでユーザーにとってマイナスになるようなことは無いよ、とのことです。。。

海外のFX業者だと、このような形態で商売していることが多いみたいですね。
日本の業者はスプレッドの時点でかなり狭くして直接的に自社の宣伝していますが、海外業者はスプレッドを若干広くする代わり、その分をこういった形で仲介業者へ支払うための広告宣伝費に当てているというイメージでしょうか。文化の違いなんですかねw

ということで、海外口座を開く際には、こういった業者を使わないとユーザー的には損することになってしまいますので、ぜひ使っていきましょう!

どっちの形態でバックしてもらうかは、用途に応じて使い分けるというのもいいかもしれませんね。
特定のEAを使い続けるのであれば、購入してキャッシュバック業者を用いるのが長い目で見て得ですし、販売しているようなEAをお試しで使ってみたいのであれば、無料配布業者を使ってみるというのが良いかなと思います。

両方で口座開設し、無料EA業者でEAを使ってみて長く使えそうであれば購入してキャシュバック業者で運用する、というようなハイブリッドなやりかたも良いのではないでしょうか。

今回紹介した3業者のサイトには、以下のリンクから飛ぶことができます。
海外業者に口座開設する必要があるので若干ハードルは高いですが、どのサイトも日本語のサポートが充実していますので、一度チェックしてみるのも良いのではないでしょうか。

【Final Cash Back】


【ゲムトレード】


【チョイストレード】


以上です。

タグ:MT4 EA FX
posted by しがないあらさー at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | MT4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

↓ランキング参加してるみたいです↓
↓イイネ!って思っていただけたらFacebookのノリでポチッとご協力お願いしますw↓
ブログ王ランキング

この記事へのトラックバック
ゼニカル