2015年05月01日

ブレイクスキャルシステムのスプレッドフィルタについて





私がFX-ON様で出品させて頂いているMT4専用の自動売買EA、「ブレイクスキャルシステム」ですが、昨日のFOMC時におけるオアンダジャパンのスプレッドの開き方をリアルタイムで見て、スプレッドフィルタの重要性を再認識しましたので記事にしたいと思います。

※ブレイクスキャルシステムの紹介については、以下リンクをご参照ください。

―――――
ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com
―――――

USD/JPYやEUR/USDはチェックしていなかったのですが、FOMC直前の2:59にGBP/USDの逆指値が約定。
この時、なんと10pips近くものスプレッドの開きが生じてしまっていました。オアンダは指標にあまり強くないですね。。。

今回は結果として順方向に動いたため事なきを得ましたが、会見系の指標は大きく上下にユラユラ動くため、こういった指標の際にこれだけスプレッドが開いてしまうと、スキャル系のEAとしては致命傷になる可能性があります。

とりあえず今週はスプレッドフィルタは掛けないまま運用しようとは思いますが、来週からは少なくとも5pips程度で広めのフィルタは掛けたほうが良いような気がしていきました。

ということで、以上です。



タグ:fx-on EA MT4 FX
posted by しがないあらさー at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX-ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

↓ランキング参加してるみたいです↓
↓イイネ!って思っていただけたらFacebookのノリでポチッとご協力お願いしますw↓
ブログ王ランキング

この記事へのトラックバック
ゼニカル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。