2015年04月27日

ブレイクスキャルシステムの実口座運用状況を公開していきます





私がFX-ON様で出品させて頂いているMT4専用の自動売買EA、「ブレイクスキャルシステム」ですが、スキャル系のEAであるところと、建値ストップ機能の実用性検証などといった情報の配信目的で、私が運営している実口座での情報を公開していきたいと思います。

なお、ブレイクスキャルシステムについて、以下の画像リンククリックで商品説明や公開フォワードテスト
デモ口座)の状況といった情報をご覧いただけます。

ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com

なお、私の運営口座等の情報は以下のとおりです。
・運営業者:OANDA JAPAN(ロング口座とショート口座を分けて管理しています)
・証拠金:買い口座、売り口座をそれぞれ10万円程度になるように適宜調整しています

私の実口座での本EAの設定は以下のとおりです。全体的にロット数を小さめにして分散投資しているという感じです。
#GBP/USDの設定内容がちょっと見づらいですが。。。

通貨ペアロング+ショート口座
建値StopModeあり建値StopModeなし
設定変更箇所ロット数設定変更箇所ロット数
USD/JPYScal_Pips = 10 / QuoteStopPips = 1 / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true0.05LotScal_Pips = 5 / QuotationStopMode = false / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true0.05Lot
EUR/USDScal_Pips = 12 / QuoteStopPips = 1 / QuoteStopPips2 = 7 / QuoteValue2 = 5 / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true0.05LotScal_Pips = 7 / QuotationStopMode = false / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true0.05Lot
GBP/USDScal_Pips = 15 / QuoteStopPips = 1 / QuoteStopPips2 = 8 / QuoteValue2 = 6 / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true0.02LotScal_Pips = 8 / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / QuotationStopMode = false / MarketCloseFilter = true0.02Lot


なお、建値ストップモードとの比較ができるよう、本モードの運用を始めた4/13からの比較データとなります。先々週+先週の結果は以下のとおりです(便宜上、「今週の成績」と書いています)。
#何度か証拠金不足による約定拒否があったので、必ずしもこれと同じデータにはならないことはご了承ください。。。

通貨ペアロング口座ショート口座
建値StopModeあり建値StopModeなし建値StopModeあり建値StopModeなし
今週トータル今週トータル今週トータル今週トータル
USD/JPY+1,235円+1,235円+505円+505円+437円+437円−50円−50円
EUR/USD+2,581円+2,581円+5,349円+5,349円+666円+666円−1,725円−1,725円
GBP/USD+550円+550円+1,650円+1,650円+265円+265円+666円+666円


これだとちょっと分かりづらいので、ロング口座とショート口座と合わせてみると。。。

通貨ペアロング+ショート口座
建値StopModeあり建値StopModeなし
今週トータル今週トータル
USD/JPY+1,672円+1,672円+455円+455円
EUR/USD+3,247円+3,247円+3,624円+3,624円
GBP/USD+815円+815円+2,316円+2,316円


ということで・・・今のところとしましては、
・USD/JPY:建値ストップモードが有効
・EUR/USD:どっちでもトントンくらい
・GBP/USD:建値ストップしないほうが良い
というような状況になっております。

ドル円は最近建値ストップなしでの逆行が2度ほどあったので、その分で大きな差が付いているかなという感じです。GBPはドローダウンの契機がなかったのでしないほうが良いという感じでしょうか。
この辺りはもう少し続けてみないと優位性はわからないという感じですね。

GBPはScal_Pipsの値が大きいので、QuoteStopPipsの値ももうちょっと上げたほうが良いのかもしれません。
このへんは来週あたりの結果を見つつ、チューニングしながらご報告していきたいと思います。

ということで、ブレイクスキャルシステムをよろしくお願いします。

ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com

以上です。
【2015/5/9 3:34追記】
・GBP/USDの設定変更について反映しました(SpreadFilter = true / MaxSpread = 5設定を追加)

【2015/6/4 0:45追記】
・EUR/USDの設定変更について反映しました(Scal_Pips = 7に変更)

【2015/6/8 3:15追記】
・USD/JPY(建値ストップあり)の設定変更について変更しました(Scal_Pips = 10に変更)

【2015/7/11 3:20追記】
・建値ストップ位置を変更しました(1pips)
・GBP/USDのロット数を落としました(0.03Lot→0.01Lot)

【2015/8/3】追記(※変更連絡漏れ対応【2016/2/16 2:40】)
・GBP/USDのロット数を2015/8/3より上げている旨を反映(0.01Lot→0.02Lot)


【2015/11/16 1:10追記】
・建値ストップモードの二段階設定機能追加に伴い、設定値を見直しました


posted by しがないあらさー at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX-ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

↓ランキング参加してるみたいです↓
↓イイネ!って思っていただけたらFacebookのノリでポチッとご協力お願いしますw↓
ブログ王ランキング

この記事へのトラックバック
ゼニカル