2012年11月24日

FinalCashBackとは何ぞや?





最近よく広告で見たりする「FinalCashBack」。これって一体何なんだろうと思ったので、HPを調べてみました。

簡単に言うと、「FX取引でのスプレッド分を一部キャッシュバックします!」というもののようです。
このFinalCashBackを経由して(指定の)FX業者を登録すれば、取引ごとにこのキャッシュバックが適用されると言うことです。海外では割とメジャーな仕組みのようです。

海外ではポピュラーだとは言え、こうゆう明らかに利用者がウマウマな仕組みは基本的には疑って掛かるのが自分の性分なので、基本的にビジネスモデルの成り立っていない仕組みは詐欺だと考えていいと思っているのですが、コレについてはちゃんとしたビジネスモデルが成り立っているようなので問題なさそうですね。

仕組みとしては、
・FinalCashBackを介してFX業者を登録する
 →【FX業者】広告を出してもらってユーザーが増えてウマー
・ユーザーが登録するとFX業者からFinalCashBackへ広告料が入る
 →【FinalCashBack】広告料でウマー
・取引ごとにキャッシュバックがもらえる
 →【ユーザー】お金返ってきてウマー
ということで、Win-Win-Winの仕組みが成り立っていると言うことですね。

ただ一点難点が・・・海外でポピュラーなだけあって、日本の業者には対応していないと言うことですね。道理で日本での知名度が低いわけだ(少なくとも自分は知らなかったので)。
しかしながら、ちらっと業者を覗いてみましたが日本語ページが充実しているものもありますし、なんなら(多少キャッシュバックは減りますが)「フルサポートオプション」をしてもらえば、手続きを全部代行してくれるみたいなんで英語が無理でも大丈夫そうですねww

僕はMT4業者を使ってMetaTrader自動売買をやってるわけですが、FinalCashBack対応業者のFXDDだとMT4も取り扱っているみたいなのでこれに乗り換えてもいいかも・・・?と思い始めています。

海外業者だとサーバが海外になるので、この記事で書いた指標スキャルピングEAが使えるかもしれないと言う淡い期待もありますし、あとは万一日本が潰れても資産確保されますしww
あとは僕はリスクテイカーではないのでやりませんが、海外業者ならレバレッジ規制がないので大きな勝負も可能と言う所もありますかね。
ちなみにFXDDならキャッシュバックが0.75pipsらしいので、ドル円なら1000通貨取引一回で7.5円返ってくることになりますね。悪くないですね。



上のバナーから登録が出来ますので、気になったら登録してみるのもいいのではないでしょうか。
僕はまだチャレンジしていないというところもありますので、手放しにはオススメはできませんが、業者の指定があるという以外のデメリットが一切なくて良いもののような気がします。
まあ少なくとも記載の業者で既に口座があるなら、乗り換えないという手はないですねw
タグ:FX
posted by しがないあらさー at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

↓ランキング参加してるみたいです↓
↓イイネ!って思っていただけたらFacebookのノリでポチッとご協力お願いしますw↓
ブログ王ランキング

この記事へのトラックバック
ゼニカル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。