2015年08月29日

今週のブレイクスキャルシステム(8/24-8/29)

【前置き】
私がFX-ON様で出品させて頂いているMT4専用の自動売買EA、「ブレイクスキャルシステム」ですが、スキャル系のEAのためフォワードテストの重要性が高いところと、建値ストップ機能の実用性検証などといった情報の配信目的で、私が運営している実口座での情報を公開していく試みを行っております。
#以下画像クリックでリンク先ページに飛べます。

-----
ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com
-----

使用環境や設定値等については、[こちら](クリックで記事に飛べます)を御覧ください。

ということで、今週分の更新です。今週の成績はこんな感じでした。

※From 2015/4/13※
通貨ペアLot数ロング+ショート口座
建値StopModeあり建値StopModeなし
今週トータル今週トータル
USD/JPY0.05+1,735円+3,137円+2,920円+9,935円
EUR/USD0.05+2,690円+12,295円+2,588円+14,844円
GBP/USD0.02+679円+2,509円+1,840円+1,619円
総計
(再掲)
0.12+5,104円+17,941円+7,348円+26,398円

今週は大荒れ相場に大きく乗ることができ、どの通貨ペアも絶好調に終わりました!
ドル円の建値ストップなしの利益も万の大台が間近。引き続き好調を維持してくれることを期待したいですね。

ということで、ブレイクスキャルシステムを引き続きよろしくお願いします。
-----
ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com
-----

以上です。


posted by しがないあらさー at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX-ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月28日

久々にブレイクスキャルシステムのバージョンアップを行います

私がFX-ON様で出品させて頂いているMT4専用の自動売買EA、「ブレイクスキャルシステム」ですが、この度ユーザ様からのご要望に応じてバージョンアップ対応を行いました。
#以下リンクから説明・成績等を見ることができます。

-----
ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com
-----

今回のバージョンアップ内容は以下のとおりです。

・時間フィルタの追加(要望機能)
 →事前に時間範囲を設定しておくことで、当該時間には指値注文を行わないようにします(既存の注文も取り消します)。
  事前に分かっている指標の時間を回避したい場合などに適宜ご利用ください。
  ※MT4を動かしているPC時間で設定してください

・同一マジックナンバー使用時の警告機能追加
 →複数の通貨ペアで同一のマジックナンバーを設定している場合、警告コメントを出してEAの有効化を行わないようにします。
  ※重複している通貨ペアの逆指値注文が入っている場合の限定動作となるため、確実にチェックアウトできるわけではございませんので、あくまでフェールセーフ機能となります。

どちらも補助的な機能追加になるため、既存のファイルを持っている方の差し替えは非必須です。
よろしくお願いたします。
タグ:fx-on EA MT4
posted by しがないあらさー at 04:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX-ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月26日

スワップ投資の落とし穴 〜新興国通貨はヤバい!!〜

ということで、センセーショナルなタイトルではじめてみましたw

スワップ通貨のロングを取ることによるスワップ投資を行っている方は結構いるかなと思うのですが、私もその一人です。
スワップ投資をしてよく思うのが、「なかなか含み損益を含めてプラスに転じないな・・・」ということです。特に今週のブラックマンデーで含み損は更に膨張してがっくりと来ている方もかなり多いのではないでしょうか。

ということで、「スワップ投資って本当に儲かるの?」という点についてもう少し深く切り込んでみました。

検証にあたり、以下の3ケースを見ていくことにします。
・豪ドル円
・トルコリラ円
・ドルトルコリラ

具体的にどのように見ていくかというと、「現時点でポジションを持っている場合、どこで入れたポジションであればまだ含み益の状態なのか?」を調査していきます。

スワップ通貨だと日々スワップが積まれるため、当然ですが損益分岐点となる価格は日々下がっていきます(ロングの場合)。つまり、理屈上はいつまでも持ち続けていればそのうちプラスになるということは言えるわけです。

・・・が、細かく見ていくと意外なことがわかってきます。
ということで、先に進んでいきましょう。

【豪ドル円編】

少し線が薄くて見えにくいですが、以下の図を御覧ください。
これは豪ドル円の2007年位からのチャートになるわけですが、赤線で示している価格が損益分岐点となる価格帯になります。

簡単にいえば、赤線より下の価格でエントリーしていれば今もプラスということですね。

AUDJPY.jpg

いかがでしょう。意外とイケますね。
リーマンショック後から民主党政権時代くらいに入れたポジションであれば、ほぼプラスを維持している状態です。

アベノミクス以降に入れたポジションは軒並み全滅・・・という風にも見えますが、これは現在の金利をベースに計算しているため、実態としてはもうちょっとマシな状態かなという気もしてはいます。

・・・という感じで次はトルコリラも見ていきます。ランドもだいたい同じようなものだったので省略してます。

【トルコリラ円編】

トルコリラ円の損益分岐点を示した図が以下です。
豪ドル円と横軸があっていないので少し見にくくて申し訳ないですが、なんと驚くべきことに、民主党政権時代以外に入れたポジションはすべてマイナスなのです!

TRYJPY.jpg

豪ドル円と比べても、スワップ投資はかなり厳しい通貨なのではないかなと思います。
ドルトルコリラになるともっと悲惨です。。。

【ドルトルコリラ編】

以下の図が、ドルトルコリラの損益分岐点を示したものです。
今回はショートのポジションになるので、逆に赤線より上で入れたポジションが現在も利益になっているということを示しています。

USDTRY.jpg

衝撃の結果です。
なんと、2010年以降にとったポジションを現在も持っていると、スワップを加えてもほぼ赤なのです!!
ドルトルコリラでスワップ投資をするなど愚の骨頂ということだったのですね・・・(自戒)


ということで、今回の検証でわかったこととしては、まずは「スワップ投資をするなら豪ドル、ニュージードルなどの先進国通貨で!」ということが言えるかなと思います。いくら金利が高くても、新興国通貨でスワップ投資を行うのは非常に危険なのです!!

それでも新興国通貨でスワップ投資を行いたいという方は・・・以下を必ず意識するようにしましょう。

・「値頃感」を大事にする!!・・・見ても分かる通り、波動の上の方で取ったポジションは軒並み全滅です。(通常の取引ではやってはダメですが!)過去のチャートを見て安値に落ちてくるまではポジションを持つのは我慢しましょう。

・時間分散投資を行う!!・・・いっぺんにまとめてエントリーしてしまうと、含み損が一生解消しないという危険すらあります。時間を分けて(できれば週・月単位)平均価格を下げていく努力をしていきましょう。

・利が乗ったらこまめに決済する!!・・・上記検証の通り、ただただ持ち続けているだけではマイナスが膨れる一方です。プラスに転じたらこまめに決済して逃げる、これを意識するようにしましょう。


スワップ投資は放置トレードができると思いがちなので、初心者ほどついつい手を出してしまう投資手法です。が、実はかなり危険を孕んだ投資手法なわけなのですね。

やり方を間違えなければかなり有効的な手法であることは間違いないと思うのですが、何も考えずにただただポジションを入れていくだけでは破滅が待っている危険な投資手法でもあります。
放置するのではなく、マメにポジションの管理をしてあげることがとても重要なのですね。

・・・という感じでマメにポジション管理をしてくれるEAをFX-ON様で販売していますので、よろしければ見ていってくださいw
#今回のブラックマンデーでかなりやられていますが、それでも最小限の被害に抑えられていることがフォワードテストから分かるかなと思います。

ランド運用に最適!安全運用で年3%~数10%をゆっくり稼ぐ積み立てシステムです。
毎日積み立て!スワップ貯金システム
毎日積み立て!スワップ貯金システム | fx-on.com

以上です。

タグ:FX 検証
posted by しがないあらさー at 03:44 | Comment(6) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ゼニカル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。